なぜ避妊ができるのか

頬に指をさす女性

それでは避妊薬として低用量ピルがなぜ避妊効果が高いのか?そこを簡単に解明しておきたいと思います。どんな理屈で低用量ピルが体に作用してくれるのかというと、大きく分けて3つのポイントがあります。まずひとつめとして低用量ピルに含まれる女性ホルモンが、排卵を抑制して受精を防ぐわけです。妊娠というのは受精してしまうということなので、排卵を止める効果が出てくることによりそもそも受精が起こらなくなります。次に、子宮内膜が着床しやすい形に変化しなくなるということ。万が一排卵が起こってしまったとしても、子宮内膜自体が薄い場合は受精卵の着床を防ぐことが可能です。そのため、必然的に受精ができない状態になります。そして最後に粘液の質自体が変化して、精子の侵入を防ぐことができます。粘液が低用量ピルにより減少していきますので、受精を妨げることができるのです。以上の効果があるからこそ、低用量ピルは強い避妊効果があると言われています。また、低用量ピルは生理痛を和らげる効果も付与してくれるので、生理痛がきついなぁという人にとっても最適な薬だと断言します。生理痛が軽減する仕組みも解説すると、子宮内膜のプロスタグランジンと呼ばれる物質が減ることによって出血に伴う痛みがなくなるのです。厳密にいえば子宮の収縮がされなくなるので痛みが起きないということになります。女性にとって生理現象は本当に辛いものですから、低用量ピルひとつで大半の人は解決できるでしょう。あなたも今回をきっかけにすぐ飲み始めるようにしてみてください。