正しく飲む方法とは

ピンクのカプセルと白い錠剤

副作用も気になるところですが、そもそも正しい飲み方ができなければせっかくの低用量ピルも台無しになってしまいます。そのためこの記事では低用量ピルの正しい飲み方を紹介しておきます。はじめに、低用量ピルは使い方さえちゃんとすれば限りなく100%に近い形で避妊を成功させることができます。また、逆に避妊したくなったら服用をやめることですぐ妊娠できる体に戻るので、とても優秀な避妊薬なのです。ただ、いつから飲み始めたらいいのか?いつ効果が期待できるのか?まったく未知数な方も多いでしょう。今回初めて低用量ピルを飲むという方は、とりあえず月経初日に飲み始めてみてください。これによって月経当日からの避妊を実現させることが可能です。もしその初日に低用量ピルを飲めなかった場合は、飲み始めてから2週間後くらいに避妊効果を発揮させることができます。もし万が一8日以上経ってから低用量ピルを飲み始めた方は、次の生理を待つしかありません。その周期では避妊効果は得られませんので注意してください。では飲む頻度についての話ですが、毎日1錠をまったく同じ時間に飲むようにしてください。また、21錠タイプを使う場合は休薬期間として7日間置くようにしましょう。この計算がめんどくさくて、途中で管理できなくなるという方の場合は偽薬と一緒に飲む形になる28錠タイプの購入をおすすめします。これなら毎日必ず飲み続けることにより、飲み忘れを徹底的に防ぐことができるようになります。